« 何でも box | トップページ | ワークショップ参加 »

2006年5月25日 (木)

5月のレッスン

幼稚園以下の生徒のクラスすべてで、今月はアプリコットのA Beautiful Butterflyを取り上げている。今週で、3週目。今まで、この本のアクティビティで、塗り絵をすることが多かったが、今回は、shapes(画用紙を切ったもの)で、物語を作っている。

P1011531

先週はcaterpillarを作成。 もうすでにお話を知っている子供たちは、yellow butterflyになりたいなあ、と言うcaterpillarに、yellow banana!!と、大声で教えてあげる。本を読んだ後、黒い靴下と、動く眼で作った指人形のcaterpillarを一人一つずつ渡す。I want to be a ---- butterfly.と言って、なりたい色の食べ物をyum, yum, yum It's good.といいながら食べさせてあげるP1011536P1011539ちなみにI want be P1011542_1と、3回繰り返してチャンティングするがその際、「神様お願い!ポーズ」をする。

いろんな色の果物をたくさん食べたcaterpillarはpupaに変身。来週はbutterflyです。P1011544_2 P1011537_1

|

« 何でも box | トップページ | ワークショップ参加 »

コメント

チビッコの「神様お願い!ポーズ」って、カワイイやろナー。
見たい~(^-^)
ウチの娘たちの「お願いポーズ」も昔はカワイかった。。。(^^ヾ

投稿: キルル | 2006年5月25日 (木) 23時51分

なんとカラフルで楽しそうなレッスンなのでしょう!
レッスンの準備に時間をかけておられますね。私も頑張らないとって気になります。いつもyukaさんのブログで元気とやる気をもらっています。ありがとう!

投稿: aya | 2006年5月26日 (金) 00時22分

みなさんに聞いているんですけど、こんなクラフト(黒い靴下と、動く眼で作った指人形のcaterpillar)なんていつ作るのですか?このちょうちょはフェルトで作っているの?かわいすぎですね!みなさんのベイビークラスや未就学児クラスのお話を拝見していると、NONOもそろそろチビッコちゃん達の新規募集したくなってきました!今日はレッスンをお休みいただいて大阪市立大学の講座「これからの英語教育―理想と現実」を受けに行ってきま~す!どんなことが現実に起こりうるのか楽しみです♪

投稿: NONO | 2006年5月26日 (金) 10時43分

キルルさん、お宅のお嬢たちはどんどん美しく、やさしく成長しているじゃ
        ないですか。
ayaさん 私はちょっと手を掛けすぎかなと反省しているところです。  
     もっと、子供たちの創造性を伸ばしてあげられるようなことをして
     あげればいいのだろうけど、、、
NONOさん、 理想と現実ってすごいタイトル。ぜひ、感想聞かせてください。

投稿: yuka | 2006年5月26日 (金) 13時19分

う~ん…yukaさん、「ちょっと手を掛けすぎかなと反省しているところです。」っておっしゃてるけど、このアイデアはスゴイと思いますよ。だって、靴下とかだけ「ハイ」って渡されてもこの年齢の子供たちは何もできないし、蝶々だってyukaさんがあそこまで用意をしてあげているからこども達は「何を食べて・何色の蝶々になろう!!」って落ち着いて考えれるのだと思う。それにやぁ、あれしろ、これしろ言われてもこども達の蝶々は落ち着いて飛べないですよ♪講座の内容を一言でまとめると文科省の考えている理想と現実。学習者・指導者の考える理想と現実。そして…報道には惑わされないこの3つを学んできました。めっちゃいっぱいお話を聞いたのですが…。久しぶりに講義なんて受けたもんだから、自分の興味のあるところしか覚えてないです>_<はずかしっ!

投稿: NONO | 2006年5月27日 (土) 00時16分

NONOさん、ありがとう。   一つの題材をいろんな方向からアプローチしたい、、と思って、いろんなことやっています。記事にも書きましたが、いつもは塗り絵をするんですが、今回はshapesで、それぞれ好きな形に作っているだけでも、私としては進歩です。これも皆さんのおかげです。

投稿: yuka | 2006年5月27日 (土) 06時53分

毎回yukaさんの幼児クラスのレッスンレポートとても楽しみ&参考にさせていただいています〜。黒い靴下のcaterpillar、実物がみたい!!そして次回のbutterflyワクワクですね〜:)
なんといっても発展途上の私の2才児クラス。いつも頭がそのことでいっぱいです...
yukaさんを見習ってアイデア、工夫でがんばらなくちゃ。

投稿: モエ | 2006年5月27日 (土) 12時02分

物語が完成して表紙をつけたりするんですか?そしたら世界に1つの絵本の完成ですね!楽しみ♪
一つの題材をいろんな方向からアプローチすることは、連続性があっていいですね!

投稿: NONO | 2006年5月27日 (土) 13時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でも box | トップページ | ワークショップ参加 »