« 6月のレッスン | トップページ | 6月のレッスン »

2006年6月14日 (水)

6月のレッスン

P1011648 Rain, Rain Go Awayの1回目のレッスンの最後に、ORTのGo Away, Floppyを読みました。

絵本は絵を読むものだ、と以前教えていただいたことがありますが、この本もやはり絵を読むものだと思います。

表紙で、犬の名前がFloppyであること、口にボールをくわえて遊びたがっていることなどを英語で説明または質問しましょう。と、そこで、、、Floppyは遊びたがっている?ということは、この歌のLittle Johnny wants to play.がそのまま使えるじゃないですか!!(Floppyは決してlittleではないですが)

最初のページで、Kipperに、Go Awayと言われてしまいます。どうしてかみんなで考えましょう。その後同じように続いていきます。最後から2ページ目(P6)は、一気に開かずにちょっとだけずらしてめくってみましょう。まあ、なんとFloppyの悲しそうな顔が見えるではありませんか、、

Is he happy? Noooo! He looks so sad.ページをめくってしまう前に、皆がFloppyの家族だったら、なんていうか話し合いました。Go awayという子もいました。  あとでね、、Later ああ、これもいいかもね、本になんて書いてあるかは、おたのしみ。。

|

« 6月のレッスン | トップページ | 6月のレッスン »

コメント

「絵本は絵を読む」素敵な言葉ですね。
いつもイーゼルに絵本を置いて読んでおられるのですか?おっしゃれ~!
絵本を読み始める前に表紙の絵について話すこと、私も大切だと思います。
子ども達は Go away をすぐに覚えて使いますが、
使い方によっては悲しい思いをさせてしまうことを、この絵本で分かってもらえると嬉しいですよね。
Floppy wants to play も歌詞から引用できる。バッチリですね。流石!!

投稿: aya | 2006年6月15日 (木) 00時13分

頭ではわかっていても、ほとんど、サラーっとよむことが多いです。この本も読み始めて3日目に気が付いた!!?来週もう一度読みます。。。

投稿: yuka | 2006年6月15日 (木) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 6月のレッスン | トップページ | 6月のレッスン »