« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月31日 (木)

夏の終わり~♪

森山直太郎のようにタイトルを歌ってください。。

レッスンで、あれもやりたい、これもやりたいと、いろいろ用意しても、なかなか全部はできません。。

今年やり残したものはこのクラフト、、夏の海をポップアップで表現したかったのですが、、時間がありませんでした、

来年作ります。それまでにもう少し大きな青いセロハンを用意しておきましょう、、

P1011569_1 P1011570_1

| | コメント (4)

2006年8月27日 (日)

There is a hole in the middle of the sea. Final

P1011561_1 先週で、There is a hole in the middle of the sea.が終わりました。最後に自分の海の真ん中をみんなに作ってもらいました。

幼稚園児は絵を書いて、小学生以上は作文で。

castle, movie theater, amusement park, school, second house, zoo etc.

いろいろなものが海の真ん中にあってとっても素敵です。中には、フライパンの上に卵があってその上にふたがあって、ふたの上にハエがいて、、とながーく考えている子もいました。

幼稚園児の中にはロケットを描いている子もいました。

| | コメント (0)

2006年8月26日 (土)

折り紙 Part2

前回の記事に引き続き、、K君の折り紙について、、

K君が作ってくれた折り紙のfishを参考に、幼稚園児たちでfishを作りました。

みんなに折り紙を渡す前に、折り目をつけておきました。square, rectangle, triangleとshapesを確認しながら折り進めました。四角から三角を作るところが難しくて、もういやや、、と投げ出しそうな年中さんもいましたが、隣にいた年長さんのRチャンが優しく教えてあげて、無事作り上げました。だんだん魚の形なってくると、みんなとってもうれしそうでした。

P1011565

| | コメント (4)

2006年8月24日 (木)

折り紙

レッスン中に、小学校2年生のK 君が折り紙が得意であることを知り、「海のもの作って来てー!!」とお願いしました。

すると、すごい!とても細かいえびも、彼が一人で折り方を見ながら作ったそうです。見えにくいですがちゃんとひげもあります。

みんなで感動しながら、There is a ---- in the middle of the sea.と、一つずつ歌いました。P1011553_3 ぜひ、クリックして大きくしてみてください。

| | コメント (0)

2006年8月23日 (水)

道路が川に

わが町豊中は昨日大変なことでした。。
2時前に突然降った雨は2時過ぎには一度やみました。
本来なら自転車で出かける息子を、なんとなく天気が怪しいからと2時20分に車で送っていきました。
走り出すと、少しずつ雨が降り出し、2,3分後にはワイパー全速。ヘッドライトをつけ、徐行運転。雷の音もすごく、大人の私でも怖いぐらいでした。
2時40分に帰宅、まずは3時からのレッスンの生徒に電話を掛けて、、、と、車を家の前に止めてしまいました。
電話を掛け終って外に出ると、道路が川になっているではありませんか。。
ドンブラコッコとバケツや、箱や、ゴミ箱が流れてきて、、、
我が家の大きな陶器の植木鉢も気が付くとありません、、、
車はタイヤの半分ぐらいまで水に浸って、、
普段意識していなかったのですが、我が家の前の道は少し低いらしく、四方八方から水が流れてきています。
3時20分には青空が広がり、水もほとんど引きました。
道路にはドジョウがはねています。
お向かいの半地下の倉庫は中のものが水に浸ってしまったようです。
私の友人のお店は、やはり、半地下にあり腰の辺りまでお水がたまり冷蔵庫が浮いていたそうです。
被害にあわれた皆様、お見舞い申し上げます。

| | コメント (4)

2006年8月22日 (火)

Beach Day

ブログアルクのKathyさんのブログで以前ご紹介いただいたこの本。
今日、親子クラスで読みました。
本の内容に沿って、同じことを体験してもらいました。

最初のページは、みんながレモネードを飲んでいます。そこで教室でもレモネードを作り、

自転車で出かけるところは、お母さんのおひざの自転車に乗って、ride a bike ring ring ring...

公園を見つけて、ブランコに乗り(バスタオルにのって、お母さんが4隅を持ってゆらゆら)

お腹がすいてランチタイム(フェルトで作ったパンでサンドウィッチ、細く切った紙の緩衝材でスパゲッティ)

お昼寝(みんなでお教室にゴロリン)

やっと海に着いたらもう夜になっていたのでtwinkle twinkle little starを歌って終わりました。
小学生クラスでも、体験しながら読んで行こうと思います。

| | コメント (4)

2006年8月19日 (土)

とことんジャズチャンツ追加セミナー決定

ジャズチャンツのオーソリティー生駒香寿子先生が大江美和子先生、中司順子先生と、ジャズチャンツのセミナーをされます。

小学校の先生や、英会話教師の方々のたくさんの応募があり、追加セミナーをされることになったということで、僭越ながらここでご紹介いたします。

日時: 9月30日(土曜日) 10:30 ~16: 00

場 所: 日本児童英語振興協会 (JAPEC) 

      大阪本部 (吹田市江坂)

参加費:4.500円  郵便振替口座番号 00960-7-4565

対 象: 民間・小学校、中学校、高校の英語教師およびその予定のある方

目 的: * リズム・発音・ストレス・イントネーションの体得
     * 日本語的な英語からの脱却  通じる本物の英語を目指す

内容: 三人の講師がそれぞれのテーマに従って、様々な角度から
    ジャズチャンツを「とことん」自分のものにする

持参するもの: ●お持ちの方は、Childeren's Jazz Chants oldand new のテキスト

                         筆記用具

以下は生駒先生からのコメントです

~1日まるまるジャズチャンツ~はいかがでしょうか?

難しく考えずに、心も身体もリラックスさせて 

まず先生方がその効果を体験してみてください。

みなさまとお会いできるのを心待ちにしております。

申し込み締切: 9月22日(金)

お問い合わせ先  Kaz@ceres.ocn.ne.jp

http://jazzchants.seesaa.net/article/22518953.html

| | コメント (2)

2006年8月17日 (木)

英語で読もうMother Goose

もう、ずいぶん前に買った本です。8年ぐらい前かしら、、ちゃんと読んだのかどうかも覚えていませんが、昨日、息子とその友達数人をプールに連れて行く際に持って行きました。みんな勝手に遊んでくれるので、その間に読もうと思って。
なるほど、靴は昔から結婚と結びついて、多産のシンボルだったとか、、
テントウムシが聖母マリアと結び付けられることが多いとか、、ちょっとしたトリビアがありました。

| | コメント (0)

2006年8月13日 (日)

白浜 part4

楽しかった夏のイベントももう最後!!今日は思い切り白良浜で泳ぐぞー。泳ぎの練習をして、次のドルフィンスイムの準備をしなくちゃ。。。

朝早くからばたばたと朝早くから片づけで忙しい周りの方たちをぼーと眺め、今日も我が家はのんびりー。

P1010012コンビニで買ってきた朝ごはんを食べ、三段壁、千畳敷までお散歩。P1011574

P1011577

 

午後は、5時まで泳いで、露天風呂へ。波がザッブーンと湯船に入ってくるお風呂に、お風呂嫌いな息子も大喜び。 おーっと初日に飲んだ地ビール「ナギサビール」の紹介も忘れずに、、P1010017  

P1011586_1

無事、夏の家族イベントも終わりました。今、山のような洗濯物を次から次へと洗濯機に放り込んでは干し、放り込んでは干し、、忙しいです、主人が、、。

私もそろそろ手伝わなくちゃ、、 

皆様も楽しい夏休みを。

| | コメント (4)

白浜 part3

アドベンチャーワールドに行って来ました。目的はサイに乗ること!!

開園前に行って入り口で並び、走って受け付けカウンターへ!でかした息子よ!受付番号2番ゲット。

サイに乗る3時までの時間、会場をのんびり見て回りました。私はとにかく動物が好きです。ふれあい牧場とか本当に大好きです。去年は蛇やイグアナを触りに行きました。

生まれ変わったら、動物の飼育係か、調教師になりたい。それがダメなら、、USJのパレードで笑顔で踊っているお姉さんか、ハロウィーンパレードの時のクモ女。。

Photo_72時半にサイ舎に到着。なんとサイって2.5トンもあるんですよ。私が背中に乗っている時、急に背中がかゆーくなって、ゴロリンとかねっころがったりしたら、私は下敷きでペッちゃんこ、、と、想像力たくましい私はいろいろ思ったのですが、でも大丈夫でした。マックの背中は意外とやわらかかったです。

| | コメント (0)

白浜 part2

オートキャンプ場グランパスで、テントの設営。このキャンプ場は千畳敷の目の前で、白良浜まで歩いていけます。私が一番気に入ったのはキャンプ場の入り口にコンビニがあること。いやあ、邪道だという声が聞こえてきそうです。でも、我が家はキャンプ場で、アウトドアクッキングを楽しむような人は一人も居らず。簡易コンロとおなべを持っていって、カップヌードルや、レトルトのカレーやスパゲッティを食べ、料理や、洗い物、テント張りにかける時間は最小限度にとどめ、めーいっぱい遊んで、ビールでのんびり。。。派です。周りを見渡すと、大きな立派なテントに、蚊帳みたいなものが付いたターフ(なんていうのかわかりません)テーブル、椅子、調理器具、、、すごーいと思います。しかもお父さんや子どもたちがよく働く、働く。。。

我が家は3人がやっと足を伸ばせるだけの小さいテント一つ。でも、今年はビーチパラソルとボンボンベッドも買いました。このベッドすごく快適です。買いに行ったのは私なのにベッドを利用しているのは主人と息子がほとんどで、私は二人が起きてくるまでのわずかな時間だけしか使わせてもらえませんでした。Keiichi

起きてくると言えば、よそは6時半には朝ごはんを食べているというのに、ウチの男性陣は8時ごろまでごゆっくりとお休みでした、、、

| | コメント (0)

夏休み part1

リフレッシュしてまいりました!!大阪に住んで10年以上になりますが、初めて白浜へ行きました。まずは、ドルフィンスイム!!私イルカが大好きなんです。。でも、、泳ぎに自信がなくて、、このイベントは泳げない人でも大丈夫だったので申し込みました。でも、やっぱりちょっとドキドキ、、そんなわけで息子も誘って二人で参加しました。P1011553_1 モーかわいかった~!!お母さんイルカに引っ張ってもらったり、お父さんイルカに乗ったり。子どものイルカが私の足を噛んだまま一緒に伴走してくれました。次は絶対、泳ぎの練習してから海で一緒に泳ぐぞー!!お世話になったのはドルフィンウェーブさん。http://www.aquamarineshirahama.co.jp/d_wave/

| | コメント (0)

2006年8月 8日 (火)

There is a hole in the middle of the sea.

とっても長いこの曲をどうやって飽きさせずに歌ってもらうことができるか、、、と、いろいろ考えました。

まずは、the middle of the seaという言い方に慣れてもらう為に、以前100均ショップで買った海のパズルを使いました。 それぞれ生徒たちに一つずつ好きなもの(魚、たこ、イルカなど)を選ばせ、パズルの真ん中においてもらいます。

みんなで、There is a------ in the middle of the sea.と、人数分繰り返します。

P1011538 つぎに、小さな動物のおもちゃ、そんな馬鹿な!というようなものも使って歌いました。There is a tiger in the middle of the sea.

そこで、歌の導入。A4のラミネートフィルムの真ん中に蛙だけ、ハエだけ、丸太だけを入れたものを作りました。P1011544_3それらを重ねると、丸太の上にかえP1011549_1るがいてその上にハエがいる、、、、絵になります。

一通り歌ってから、内容を確認しながら、みんなに絵を描いてもらいました。

P1011542_2 P1011539_1

ダーツのようなアクティビティも作りました。中心に行くほど点が高くなります。一番外側はthe middle of the sea 1 point一番中心は、a flea 8 pointsです。チップを投げて、落ちたところから最後まで歌い切れたらポイントがもらえます。

最後に文字で、確認。P1011543_1  年齢にあわせて、すべてを文字にしたり、絵を混ぜたり、冠詞に注目させたり。(aが、theに変わるところ)

今月いっぱい続きそうです。。。

覚えた生徒は得意満面で歌ってくれます。

| | コメント (2)

2006年8月 6日 (日)

Summer Workshop

8月5、6日と2日間にわたりEnglish EdVentures, Inc.のワークショップに参加してきました。http://homepage3.nifty.com/EnglishEdVentures/starthp/subpage08.html

アメリカのテキサス州で子どもに音楽を教えたり、音楽教師を育成する仕事をしているDr. Peggy Bennettを招いて、教師としての姿勢、指針について勉強しました。observation classのために生徒を数人引率し、実際に子どもたちのどのように指導するかを見せていただきました。

まず、observation classに参加した生徒たちの様子。

初日はとても緊張していた子どもたちも、2日目はとってもリラックスし、本当にこれが2日目?と思うほど、上手に歌を歌い、レッスンを楽しんでいました。40分という短い間に6曲もの歌を指導してもらいましたが、帰るときにはそれぞれがお気に入りの歌を口ずさんでいました。

教師としての姿勢について

常に生徒をrespectすること、生徒が、安心して発言し、間違えても大丈夫という環境を作ること、生徒がいるおかげで教師が育つ、などなど、たくさん教えていただきました。

もっともっと、一緒にいたくて、たった2日間だったのになんだか別れるのがつらくて、涙が出そうなぐらいの気持ちにさせる、すばらしい先生でした。

Summerworkshop3 Workshop3

| | コメント (3)

2006年8月 2日 (水)

Row, Row, Row Your Boat

P1011527_1CALAの、Crab, dolphin, jellyfishを歌って、教室に海を作りました。
そして、みんなでボートに乗って、冒険をします。ボートは、自転車のチューブです、みんなでつかんで思い切り引っ張っても、切れません、力いっぱい伸ばしても大丈夫。
途中でいろいろなぬいぐるみの動物に会いますが(なぜか恐竜も出てきまP1011526した)、Go away, Let's playなどといいながら、お友達と協力して漕いで行きました。最後に、出会ったものを I see a ----.と確認しながら自分の絵本を作りました。

 

| | コメント (2)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »