« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月28日 (木)

Black Snake

イングリッシュエドベンチャーズのサマーワークショップでPeggyに教えていただいた歌です。

人数の少ない高学年男子のクラスでのこと、ちょっとゲームの方法を変えて、、

Black snake, Where are you going? と歌いながら、リーダーがヘビを建物カードの下に隠します。歌が終わったところで、ほかの人たちは、ヘビが隠れていそうなところを当てます。  I think he is in the restaurant,  post office,  hospital..など、、

最後にワークシートで

Black Snake, Where are you going?    I'm going to the ----.と作文しました。

Skeleton, Where are you going? の文では面白い文がたくさん。。

I'm going to the wig shop.  (カツラ買いに行く)

I'm going to 整骨院.  (整骨院はあえて日本語で書いてもらいました)

I'm going to 手術室.  (どこ直すの?)

| | コメント (0)

2006年9月27日 (水)

ハロウィーンの飾り

教室を少しずつハロウイーンに飾り付けています。教室を始めた時からのいろいろなものをすべてとってあります。生徒が描いてくれたハロウィーンの絵は私の宝物です。廊下の壁は絵でいっぱいになります。今は大きくなった彼らが、小さいとき描いてくれたもの、、みんなで協力して作ったもの、いろいろあります。100円ショップで買ったものから、時間を掛けて作ったもの、生徒の保護者の方の手作り品もあります。P1011628 1枚目の写真の両脇に写っているのもは、Kくんのお母様から今年いただきました。とても細かい作品です。

P1011629 P1011631 P1011633 P1011635

| | コメント (3)

2006年9月25日 (月)

Sparkling Time Workshopに参加しました

日曜日に SPTに参加してきました。

とにかくこのワークショップに参加される方たちは、主催者の真澄さんに負けず劣らず元気いっぱい。

いきなりトップギアに入って、最後まで全速力で走りきったようなワークショップでした。

広い会場を、所狭しと走り、踊り、歌い、笑い、、、
午前中のChicka chicka boom boomの最後の発表。なんだか、すごい達成感でした。
午後は、ハロウィーン一色。次から次へといろんな曲や、話や、ダンス、、
頭の中で、お化けの子どものベンが、雨にぬれてセーターを借りて、親指スープを食べた。。?見たいにごっちゃ混ぜになったり、Adam's Familyの家のドアを開けたら血だらけの指がいたんだったっけ?って感じだったので、2日間掛けてハンドアウトを見ながら整理しました。
教室もHalloweenの飾りを少しずつ、、今週から、ハロウィーンです。

| | コメント (0)

2006年9月22日 (金)

家族の写真

息子が、家族一人ひとりの写真を取って、ブログにあげました。

怖いもの見たさで覗いて見たい方こちらへどうぞ。。

http://inokofamilydiary.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_4b7f.html

息子は、若い頃の大橋巨泉、主人はMr.オクレ、私はアンジェラアキに似ていると思うのですが、どうですか?

| | コメント (6)

2006年9月21日 (木)

絵描き歌

Jelly in a bowl, popcorn in a pan, soda in a can,,,と、歌いながら描いてみました。

popcornはちょっと無理があるのですが、、ほかは、結構自然にかけると思います。といっても、年長さん以上という感じですが。

jelly in a の部分で、ゼリーを描いて、bowlで、お皿を、、wiggie waggieの部分で波線を、、

sodaで、缶の上の丸い部分をin a canで、下の四角いところを描けると思います。

P1011617

P1011619_1

一応右の写真が私の見本です。写真の中の右の絵は

tiny talk chicken noodle soupのideographです。

| | コメント (4)

2006年9月20日 (水)

淡路島モンキーパーク

週末、家族で淡路島モンキーパークに行って来ました。
私はとにかく動物が好きです、、この夏は、イルカにも乗りました、
サイにも乗りました。
そして今度はお猿さんです。
山に上がると、いましたたくさんのお猿さん、人間を怖がることなく、そして攻撃することも無く、特に気にする様子も無く、毛づくろいをしていました。
えさであるピーナッツを買って、おサルたちにあげました。と、そこで目に留まったのは、手に奇形のあるおサルたち、手のひらが裂けて、親指と小指だけ、その2本でつまむようにピーナッツをつかみます。そんな手を持つおサルが少なくありません。なぜ、こんなに?
その後資料館へ行きました。
そこで、わかりました。
農薬のせいだそうです。農薬の付いた木の実を食べたことが原因で、手足に奇形のある小猿が生まれるようです。中には全く手も脚も無い子、あっても全く動かせない子もいるようです。
おサルに影響が出るということは、いずれ人間にも、、、?
とても怖くなりました。
だからといって、虫の付いた野菜は、怖い。。レタスめくって虫が出てきたりしたら、、、もう、だめ。。

野菜、お肉、水、空気、、、どうなるのでしょう。

ところで、ここのモンキーパーク。
管理をされているご夫婦の娘さんである、小学1年生のさきちゃんが最近雑誌やテレビで話題になっています。
お腹にいるときから、この山でおサルたちと過ごしていたので、おサルの顔、名前、声をちゃんと区別することができ、おサルと話し、おサルと一緒にお菓子を食べ、おサルの中で暮らしているそうな、、

でも、この日のさきちゃんは、お店でテレビに釘付けでした。
そりや、、いっつもおサルとばかり遊んでいるわけではないでしょうけど、、でも、ちょっと残念な気がしてしまいました。。。

| | コメント (8)

2006年9月18日 (月)

とことんジャズチャンツ

9月16日にとことんジャズチャンツセミナーに参加してきました。

講師は 中司順子先生、生駒香寿子先生、大江美和子先生、

実は私児童英語教師になる際、受けた養成講座がこの大江美和子先生の養成講座でした。
当初はよくジャズチャンツもクラスの中で取り入れていたのですが、最近では、絵本や歌、ゲームに忙しく、キャロリングレアム先生のジャズチャンツをレッスンの中で取り入れていませんでした。

中司先生はジャズダンスとジャズチャンツのコラボレーション。以前、見せていただいた内容と同じものもありましたが、本当に久しぶりで、新たな発見がありました。

生駒先生の迫力は、本当にすごいもので、ぐんぐん生駒ワールドに引き込まれていきました。

大江先生は、頭の中がすべてジャズチャンツで構成されているのではないかと思うほど、すべてのフレーズ、何気ない会話をうまくジャズチャンツにつなげて行っていました。

ジャズチャンツはまさしく、ネイティヴが発する会話そのものです。絵本や、歌で覚えたフレーズを、チャンツで会話に繋げる。。。そんな風にできたらどんなに素敵でしょう。

| | コメント (2)

2006年9月12日 (火)

ten fat sausages

食欲の秋レッスン第2弾

親子クラスでのこと

先週の、Jelly in a bowl,  soda in a can,  popcorn in a panなどを振り付けで歌ってから、、(poppie pop,popのところがむちゃくちゃかわいい!!)

定番、ten fat sausages 特になんのひねりもいれずに、素直に歌って、ソーセージに色を塗り、指にはめてお母さんと一緒に歌いました。

P1011602 P1011603_1

| | コメント (2)

2006年9月11日 (月)

Papa, please get the moon for me, No.2

P1011600 お部屋に月と、星を用意しました。ちょっと見えている椅子は息子が小さい時に使っていたもの。この椅子に登ってお月様を取りにいくというわけ、、

星の裏には数字が書いてあります。

小学生以上には裏の数字が、その前にめくった数字よりbigger or smallerかを当てる、guessing gameをしようと思っています。

扇風機の風に吹かれて、時々お星様が落ちてしまいます。

Look!  Shooting star!! Make a wish!! なんて一人で興奮してしまいました。

| | コメント (4)

2006年9月10日 (日)

ステラちゃんハロウィーンイベント

ステラちゃんのハロウィーンイベントに行って来ました。えっ?もうハロウィーン??という感じですが、会場に入ったらすっかりハロウィーン気分。Happy Halloween!!

一緒に行った年長さんのKちゃん。最初はちょっと緊張、声も出ず、体も硬かったのですが、徐々にスタッフの方たちの明るい雰囲気に引き込まれていって、最後には一人で前のほうに行って踊っていました。大きなスケルトンのクラフトも上手にできて、大満足のKちゃんでした。Photo_8

| | コメント (2)

2006年9月 9日 (土)

何のレッスンだ?

P1011581 P1011580_1 P1011582_1

さて何のレッスンでしょう。お皿に載ったゼリー、フライパンの中のポップコーン、缶入りソーダ、、、

SPTのセミナーで取り上げていただいたJelly in a bowl....です。

これ以外にも、音のするものをいろいろ集めました。clock, water, coin....

a clock on a wall .... tick tock.     water in a bucket..... splash.   a coin in a piggy bank.... clink

振りをつけながら歌ったあと、小学生以上はカードゲーム、幼稚園以下はプラスティックカップでゼリーを作りました、みんな、ピーチゼリー、ミルクゼリー、チョコゼリー、、と、名前をつけていました。

小学生はカードゲームの後、先月に引き続きThere is ---をつけて文章を書いてもらい、絵も添えました。

来週は、jelly,popcornなどを描いた牛乳パック、a bowl, a pan,,などを描いた牛乳パック2つを用意して、ゲームしようと思います。

最後に、There is ----の自分の文作りにも挑戦してもらいます。

9月は食欲の秋です。

| | コメント (6)

2006年9月 7日 (木)

Papa, please get the moon for me

ずいぶん前、ブログアルクのクジラさんが紹介されていた本です。

何年も前に買ったまま、使っていませんでした。。

幼稚園クラスで読みました、みんな、知ってるー!幼稚園にあるー!まずは静かにさせて、、

本を開くと、お星様がいっぱい、、そこで、本文に入る前にtwinkle twinkle little starを歌いながら、一つずつ星型のおはじきを置いていきました。全部置き終わったら、今度はいくつあったかみんなで数えました。

やっと本文。モニカと、パパと大きなお月様。あ、教室の上のほうにも、お月様が、、(事前に丸く切った黄色い画用紙を貼っておきました)

モニカはパパの肩に乗ってお月様に手を伸ばしています。

Can you reach the moon?みんな教室のお月様に手を伸ばしても届きません。。

そこで、モニカのパパの行動にアイデァを得て、みんなで椅子を運んで、お月様に近づこうとします。

満月は大きすぎるので、三日月になるのを待って小さくなったお月様と一緒に遊びました。

三日月を持って、head shoulders ,,,や、one little finger,,,などを歌ってお空に返してあげました。

小学生クラスは比較級に展開できればと思っています。(お月様がだんだん小さくなっていくところから

| | コメント (4)

2006年9月 5日 (火)

なぜクラフトをして、なぜ歌うのか

私は幼稚園児以下の生徒たちに対して、よくクラス内でクラフトをします。

なぜ、クラフトをするのか、、

クラフト自体が目的ではありません。

クラフトを作る過程で自然な英会話をすることができます、クラフトをしながら歌を歌うこともできます。持って帰って家でレッスンのことを思い出すことができます。創造性、個性を発揮して、自分自身の「特別」を作ることができます。

そのような理由から、私はクラスの中でよくクラフトをします。クラフトは単純な色塗りから、ポップアップカード程度まで、事前にできるだけ私が作っておいて、レッスン中でかける時間は5分から長くて10分と決めています。

私の教室ではよく歌を歌います。

小学生になっても歌います。歌を歌いながらゲームをすることで、繰り返し同じフレーズを何度も何度も言うことができます。かたまりで頭の中に、フレーズまたはセンテンスをインプットすることができます。単語ごとに分けずに、チャンクで自然と口から出てくるようになります。そのかたまりをたくさん増やすことが、いずれ英語の勘につながると考えるからです。

聞いた時に、かたまりのまま理解する

最初の単語が出てきたらすらすら次の単語も出て、センテンスがナチュラルな形で言える。そんな風になってくれたらといつも思っています。

もちろん歌で気をつけるべき点は、最終的にメロディをはずして、言えるようになること。

そのフレーズや、センテンスを使って自分の文が作れるようになること、小学生以上には特にその点を気をつけています。

最後に、正直なところ、私自身歌うことも、クラフトを作ることも大好きだから、、ということを申し上げておきます。

夢中で何かを作り、出来上がった時の達成感が好きです。

歌っていると心が豊かになります。

| | コメント (6)

2006年9月 3日 (日)

ctmセミナー

9月2日、3日と、京先生の、ctpの絵本を使ったレッスンプランのセミナーを受けてきました。

すごいパワーでした。朝10時から夕方5時まで。お昼休みも勉強しながら、、お手洗いに行く時間も惜しんで ずーと勉強でした。

早口で、次から次へといろいろなお話をしていただきました。私は、一言も聞き漏らさないよう、前のほうの席で、先生の目をずっと見ながら聞いてきました。

実は、事前に課題も出ていて、セミナー前日は2時まで寝られませんでした。

勉強中に眠くなったら、、と心配していたのですが、あくびが出ることすらありませんでした。

さて、さて、今日の学習内容をどう料理したものか、、、楽しみです。。

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »