« なぜクラフトをして、なぜ歌うのか | トップページ | 何のレッスンだ? »

2006年9月 7日 (木)

Papa, please get the moon for me

ずいぶん前、ブログアルクのクジラさんが紹介されていた本です。

何年も前に買ったまま、使っていませんでした。。

幼稚園クラスで読みました、みんな、知ってるー!幼稚園にあるー!まずは静かにさせて、、

本を開くと、お星様がいっぱい、、そこで、本文に入る前にtwinkle twinkle little starを歌いながら、一つずつ星型のおはじきを置いていきました。全部置き終わったら、今度はいくつあったかみんなで数えました。

やっと本文。モニカと、パパと大きなお月様。あ、教室の上のほうにも、お月様が、、(事前に丸く切った黄色い画用紙を貼っておきました)

モニカはパパの肩に乗ってお月様に手を伸ばしています。

Can you reach the moon?みんな教室のお月様に手を伸ばしても届きません。。

そこで、モニカのパパの行動にアイデァを得て、みんなで椅子を運んで、お月様に近づこうとします。

満月は大きすぎるので、三日月になるのを待って小さくなったお月様と一緒に遊びました。

三日月を持って、head shoulders ,,,や、one little finger,,,などを歌ってお空に返してあげました。

小学生クラスは比較級に展開できればと思っています。(お月様がだんだん小さくなっていくところから

|

« なぜクラフトをして、なぜ歌うのか | トップページ | 何のレッスンだ? »

コメント

お久しぶりです。
ステキ!!
お子様たちが一生懸命お月様に向かって手を伸ばしている姿が目に浮かびます。
どうやって満月から三日月になったのですか?

投稿: NONO | 2006年9月 8日 (金) 14時23分

NONOさんお久しぶりー!コメントありがとう
上から満月、半月、三日月のお月様を重ねて洗濯ばさみでとめました。それを壁の上のほうの吊り下げておき、上から一枚ずつ引っ張って、だんだん小さくなっていく、、という感じです。
大きくする時も、そうやって、三日月から、満月まで洗濯ばさみにはさんでいく。。
とってもアナログでしょ、、というか、ベタベタ?

投稿: yuka | 2006年9月 9日 (土) 09時02分

素敵~!!!!
星型のおはじきがあるんですね~。
普通のおはじきでも楽しめそうですね。アイデア使わせていただきます。
この絵本は、私が参加している「絵本セミナー」でも先生が、
推薦されていました。大人が読むと矛盾を感じるお話でも、
子どもの心にはスーと入っていくみたいですね。

投稿: aya | 2006年9月 9日 (土) 11時24分

ayaさん、こんにちは、
おはじきって言うのかなぁ、、繋げると、ネックレスとか、ブレスレットとかできるやつ、、
100均ショップで買いました。
ペットボトルに一つずつ歌いながら入れて、最後マラカスみたいに振って歌ったりもしました。

投稿: yuka | 2006年9月 9日 (土) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜクラフトをして、なぜ歌うのか | トップページ | 何のレッスンだ? »