« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

遠足

夏休み、春休みに企画している遠足を7月26日に実施しました。

毎回Nativeを2,3人雇って、アシスタントとして同行してもらっています。 Nativeには、英語を話してもらう以外に、元気な生徒たちと一緒に走り回って遊んでもらうことをいつもお願いしています。今回はアメリカ出身のTrangとオーストラリア出身のLauren

お天気がちょっと微妙でしたが、教室の最寄り駅から40分程度で行ける箕面に行きました。17人の生徒が参加しました。

初参加の1年生たちが、電車の中で、カチコチに緊張していたのが可愛かったです。Trangが食べ物や、色、スポーツについていろいろ質問してくれても、なかなか返事もできない状態でした。  4年生の女の子たちはさすがに、もう慣れたものです。

0008駅から歩いて、川原でインタビュータイム。  TrangとLaurenに好きな色や食べ物や、出身や、いろいろ、、みんなで聞いてノートに書きました。 3年生の男の子が積極的に質問していました。0009

そして昆虫館へ、、、。

さっきまでちょっと緊張気味だった1年生も、ここではとても楽しそうでした。 1年生のKクンすごい昆虫博士!これはーーーのメスで、アメリカにいる蝶々だと、私に説明してくれました。

00060001蝶々が300頭自由に飛んでいる温室で、「蝶々の羽を触ると、粉が取れて弱るから触っちゃダメだよ」と私が言うとそれは「鱗粉(りんぷん)」と言うんだとまた、Kクンが教えてくれました。

教室以外の場所での生徒とのふれあいが私は大好きです。いつもと違っ た生徒の顔を垣間見ることが出来ます。

00050004その後、お昼を食べてお待ちかね川遊び。

水鉄砲を持って遊んだり、カニや小さい魚を捕まえたり、太いツタでブラ ンコしたり

TrangもLaurenも、子どもたちのウォーターガン攻撃を受けてびしょぬれでした。

生徒たちの笑顔を一人ひとり確認して、とっても満足した1日でした。

私だけ、水着にならず、(子どもたちから目が離せないので)服のまま、水に入って、パン○までびしょぬれになりました、そのまま帰ったので、電車 の座席にも座れずに、、、結構つらかった。。

Photo

| | コメント (1)

2007年7月27日 (金)

親子サークル

070210302ずーっと雨続きだった金曜日のサークル、今日は晴れました。しかもすごく暑い!!

私は、ビリーか?と思うぐらい、みんなと一緒に汗をかきました。体を動かした後は、少 しゆっくり、手遊びやスキンシップ。そしてまた体を動かす。。

前回の復習、Itsy Bitsy Spider パネルシアターで確認した後、画用 紙の切抜きでs07023piderを作りました。

最後にshapes   circle,  square,  triangle, rectangle,,,,,小さいお子さんには難しそうですが、お昼ご飯の時一工夫したらどうでしょうと、お話しました。 ちくわはcircle, スライスチーズはsquare、はんぺんでtriangle, きゅうりをrectangleに切って、、、お魚やお肉を買ったときにゴミになる白いト07024レーをいろんなshapesにカットして、お風呂で浮かべたり、お風呂場の壁に貼ったりして遊ぶことも提案させていただきました。

その後、メンバー自己紹介。 同じぐらいのお子さんを持ったお母さん同士で、いろんな話をして励ましあったり、ストレス解消したり、とてもいいことだとおもいます。

いい仲間ができたらいいなと思います。

ところで、今日はT君の誕生日。レッスン前に一緒に記念写真を撮ってもらいました。

うれしかった!お誕生日おめでとう

| | コメント (2)

2007年7月25日 (水)

6年生向け夏期講座

去年から始めた、6年生対象夏期講座。  

話したり、聞いたりするのは得意なのになかなか英作文などの読み書きにつなげられない生徒。

自分の力をうまく中学のテストで発揮できない生徒。

生徒たちが大きくなっていくと、いろんな生徒のパターンに触れることが出来ます。

持っている力を最大限中学でも発揮してほしい、中学英語につなげてほしいと言う気持ちで行なっています。

書くときの注意事項!→ いつも言っていることですが、自分の言葉でまとめさせました

英語の文章の組み立て方→ 文法的な言葉にも慣れてもらいました。

日本語を正しく理解。→日本文を読んで何が主語なのかわからない生徒もいます。

001 40ページを超えるテキストを手作りしました。 ゆっくりゆっくり段階を追って理解してもらえるように。

6年生が全員参加しました(一人だけ初回欠席)

00218人一緒に座れる会場を予約しました。ところが取れた部屋はご覧の通り和室。

寺子屋のようです 。。

今まで、元気良く話していた言葉が、文法的にこんな仕組みなっていたとは、、なんて感心してくれた生徒はいなかったと思います。

ほとんどが、かえってワケわからん。。。状態

でも、これからの3回の講座と、普段のレッスン、宿題などでしっかり確認して、実力通りの中学生になってほしいと期待しています。

| | コメント (7)

2007年7月24日 (火)

セミナーのご案内

ジャズチャンツセミナーのご案内です。

以下はJCUの先生からのお知らせです。

一人でも多くの熱い先生方にお会いできるのを私も楽しみにしています。

2007 9/9(日) 定例 とことん・ジャズチャンツセミナー ご案内
                   
主催: ジャズチャンツ・ユニオン(J.C.U.)
英語の音を鍛えに、ジャズチャンツで教えるヒントをつかみに、あなたも参加しませんか
                                
   幼児~大人対象に 英語を教える先生自身にとっても、英語の発音・リズム・
イントネーション を鍛える貴重な教授法でもあります。

  2006年の4月にCarolyn Graham認定のもと、ジャズチャンツ・ユニオン(J.C.U.)を発足致しました。
 その後、昨年9月に2回・今年の4月21日にも、とことんジャズチャンツ・セミナーを
 実施しました。先月は、24名のとても熱心な参加者の先生方が、
 ジャズチャンツを思いっきり声に出して、ご一緒に練習されました。
 講師自身のスピーキングのトレーニングおよび、教室で教える際の導入のアイデアを
 実演しました。 
  3名のレギュラー・参加者のジャズチャンツ指導経験豊富な先生方の
 「リズムを使った教え方」のプレゼンテーションもありました。
 教室での成功例、指導のコツなど実用的で、みなさんの明日からのレッスンのヒント
 なることがたくさんあったように思います。
 4/21は、1日中、教えるための充電になったことでしょう。
  
  好評につき、下記の要領で、次回9月の参加者募集を行っております。
 (現在のところ、毎年4月・9月・11月に予定)
 新しく参加される方も大歓迎です。
 英語を教えている方、これから教える方、初めてでも気軽に参加できる
 アットホームでユニークなセミナーです。
 将来の英語活動を視野にいれておられる小学校の先生方もジャズチャンツを
 どうぞ一度体験してみてください。 
 たくさんのお問い合わせ・お申し込みを頂きます様、よろしくお願い申し上げます。

~~~~~~< 募 集 要 項 >~~~~~~~~

日 時:  2007年 9月9日(日曜日) 13:00~17:00
場 所:   大阪国際交流センター (近鉄上本町駅より~徒歩10分)
対 象:   民間・小学校、中学校、高校の英語教師およびその予定のある方
目 的: * リズム・発音・ストレス・イントネーションの体得
      * 日本語的な英語からの脱却  通じる本物の英語を目指す
使用教材:  CHILDREN’S Jazz Chants OLD AND NEW
定 員:   30名
参加費:  4,500円 (郵便振替) お振込み頂いて、参加申し込み受付完了となります。
キャンセル:ご入金後は、キャンセル、欠席による参加費の返金は 致しかねますので、ご了承ください
講 師:  生駒 香寿子・ 大江 美和子・ 中司 順子

お問い合わせ・お申し込み: 〒住所・氏名・電話番号を必ず明記の上、 お電話かFAX・E-mail,
ハガキで、下記までお問合せ・お申し込みください。追って、<郵便振替用紙>を送付致します。

お問合わせ・お申し込み受付は・・・・
生駒 香寿子
Chair of Jazz Chants Union  
住所:〒607-8072 京都市山科区音羽伊勢宿町33-85 
FAX・TEL (075)595-6127   
E-mail   Kaz@ceres.ocn.ne.jp

締め切り: * 定員になり次第締め切ります。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

| | コメント (2)

2007年7月23日 (月)

Jazz Chants Certificate取得コース


創始者であるキャロリン・グレアム(Carolyn Graham)先生・正式認定の
<Jazz Chants Certificate 取得コース>!!

通じる英語をジャズチャンツ(Jazz Chants)で教えたい人のため
ジャズチャンツユニオンの先生方がセミナーを開催されました。

私も、Jazz Chants指導者を目指し、参加しました。

ジャズチャンツ理論のレクチャーにおいては、何度も研修などに参加しているにもかかわらず、改めて、気づかされることや、学ぶことも多く、また、忘れていたことを思い出させても頂きました。

声に出してのリズム練習では、熱心な先生方に刺激を受けました。1ヶ月間ほとんど毎日、課題曲を聴いたり、声に出したりして練習してきたにもかかわらず、まだまだ、、勉強不足。と痛感しました。

デモンストレーション。3分の間に自分が何を見せたいのか、それぞれ練りに練ったレッスンデモを見せていただき、ここでも勉強させていただきました。

学ぶことは本当に楽しいことです。

生徒たちにも、この楽しさを伝えていければと思います。

| | コメント (4)

2007年7月20日 (金)

Row, Row, Row Your Boat

Row Your Boat (Picture Mammoth)毎年この時期に読む本があります。

これを楽しみにしてくれている生徒もいます。

先がどうなるかわかっているのに、キャーとか言って、怖がってくれたり、一緒に楽しんでくれます。

Children's Jazz Chants: Old and New (Students Book)今年は、この本の後でChildren's jazz chantsの中からmonkeys swingを取り上げ、いろんな動物の歌を歌ってから、、動物と、お船のコラボ! 牛乳パックで作ったお船に動物を乗せ、Row rowと歌いながら、紐を手繰り寄せて速さを競いました。P1010065_2_1

P1010068

| | コメント (2)

2007年7月14日 (土)

親子サークル

7月の親子サークル、今日も雨。。。

07133   みんなで大きな声で Rain rain go away!!    大きな声で歌っても、なかなか雨はやみません、、、

Open the window, open the window.お家のなかにはどんなものが住んでいるのでしょう?

こわーい物だったら、みんなで声を合わせて Go away!! 

最後に出てきたのは、大きなクモ。。。これは大きなクモだけど、、小さくて、けなげで、頑張り屋さんのクモの本を読んで歌を歌いました。

07132牛乳パックのサイコロに、クモの絵を貼っていっぱい重ねました。だれが一番高くクモを積み重ねることが出来たでしょうか? うまく行かなくて、ちょっと悔しい思いをしたお友達もいましたね。

最後にみんながクモになってwaterspoutのトンネルの中を通り抜けました。 ためらいなく、トンネルに入っていくお友達、こわごわゆっくり入っていくお友達、がんばったけど、怖くては入れなかったお友達、みんないろいろでした。

07131来週は晴れるかなぁ? 晴れたらいいなぁ

| | コメント (11)

2007年7月 9日 (月)

サマーパーティ

Australia人のLauren先生を交えて、年齢別に3部に分け、パーティを行ないました。

第1部 低年齢クラスでは、保護者の方に参加いただき、一緒に踊ったり、歌ったり。

この時期必ずするのはRain rain go away!を歌いながら  rain drop 投げ。

フルコーラス完璧に歌っている生徒たちに感激!

Summer_party_3 Itsy Bitsy spiderでは tunnel(waterspout)を通って出口で雨に降られました。

その後、保護者の方も一緒にmusical chair

そして、We are going on a bear hunt. 本を読んでから、子どもたちがbear huntに出かけます。

Summer_party_2Summer_party1_1みんなでWe're going on a bear hunt!と言いながら行進している間に保護者の方たちで協力してゆらゆら草むらになったり、向かい合って足を伸ばして座って川になったり、、大きな黒い布を持って洞穴を作ってもらいました。

子どもたちも保護者の方もとても楽しそうでした。。わたしも。。。お母さんたちが作ってくれた泥沼や、川はワクワクしながら渡りました。

第2部の小学低学年クラスでもほぼ同じ内容ですが、比較級、最上級を使ったゲームを加えました。

第3部、小学高学年クラスではLaurenに質問コーナー、暗号解読ゲーム、そして、

We're going on a bear hunt.  この日始めて聞くCDに、生徒たちがどのように反応し、ゲームなどを通してどう発話するようになり、言えるようになるのか保護者の方に一緒に体験していただきました。

なんと、、カメラが壊れてしまい、、、写真がほとんどありません、、残念。!!

| | コメント (4)

2007年7月 4日 (水)

素材やさん

こんな、ブログをやったり、HPを持っていながらどちらかと言うと、パソコンオンチな私、、、(正直言って、HPは、お友達のIチャンにまかせっきり、、)

なんとなく出来るけど、実は偶然出来ちゃっただけだったり、、かなり遠回りしていたり、基本的なことを知らなかったり、、

そんな私からすれば、信じられない能力をお持ちの方がすご~く、近くにいらした。。。

なんと素材やさんをされている。。。。Donut13

こんな、おいしそうなものを見つけたので、思わず連れてきちゃったけど、、

正直上手な使い方がよくわからない、、、(私は、とても新鮮なお魚があっても、料理が下手で台無しにしてしまうタイプです。)

その方はとっても器用な方で、編み物、お裁縫、お野菜、お花、エコバスケット、なんでも手作りの彼女に今度パソコン教えてもらおうっと。。

http://www.fancyparts.com/   ふぁんし~・ぱ~つ・しょっぷさんです。

| | コメント (6)

We are going on a bear hunt

We're Going on a Bear Hunt: Listen and Join In! あまりにも有名なこの本、日本語で読んだことのある生徒もかなりいます。 2,3年前に取り上げた際は、私が読んであげましたが、今回は本をめくりながらCDを聞かせました。臨場感たっぷりのこのCDに子どもたちは釘付けです。小学3年生の男の子の真剣なまなざし、幼稚園児の女の子の怖がる顔、、

CDを聞いた後は、みんなでBear Huntに出かけました。親子クラスではお母さんたちにlong wavy grassになってもらったり、P1012468P1012471小学生クラスでは、カードゲームや指遊び。。。

意外と男の子たちが大喜びでした。P1010053来週のパーティでも、大勢でクマ狩りに出かける予定です

|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »