« 服部緑地公園 | トップページ | 猫の時間 »

2007年8月25日 (土)

親子サークル

夏の暑い盛りにもかかわらず、たくさんのお友達が昨日も集まりました。1 新聞紙を使ってHead shoulders ,,,みんながよく知っているこの曲も新聞紙の上にママと乗って、1回ずつ半分に折りながら歌い踊り進めて行くと、ママとの密着度も増してより楽しくなるのではないでしょうか?

先日、ある方のブログに東京大学大学院教育学研究科教授、汐見稔幸先生の記述が載っていました。

以下はそのブログからの抜粋です。


教授によると、外国語や母国語に関わらず、子供が言葉を身につけるときには、
親子が普段から豊かなコミュニケーションを行なうべきとあります。

またそのコミュニケーションも、「指示・命令・叱責」といった一方通行なものではなく、
子供との「共感・同意」が数多く含まれた言葉のやり取りで、気持ちを共有し心を通わせることが大切だとあります。


私も 改めて、生徒とのコミュニケーションを大事にしたいと思いました。この親子サークルで、常に私が提供したいと思っていることは、「親子での楽しい時間」です。そして出来ればお家でも同じように遊んでほしい、、と思っています。

2 ママのおひざでRow, row, row your boatをしてから、みんなでゴムの紐を引っ張りボート遊びをしました。体重の軽いお友達はゴムに引っ張られて、床を滑っていました。

最後にボートの競争をしました。小さいお友達は手元の棒をクルクル回すのが難しいか3な、、と思いましたが一生懸命やっている姿が、とても可愛かったです。

CalaのCrab dolphin jellyfish..は歌って踊った後でクラフトをするつもりが、クラフトの材料をすっかり忘れてしまい次回に持ち越し。。(すみません、暑さボケです)

金魚すくいをして終わりました。4

|

« 服部緑地公園 | トップページ | 猫の時間 »

コメント

>親子が普段から豊かなコミュニケーションを行なうべきとあります。
またそのコミュニケーションも、「指示・命令・叱責」といった一方通行なものではなく、子供との「共感・同意」が数多く含まれた言葉のやり取りで、気持ちを共有し心を通わせることが大切である
と、いうことに同感です。
1人・1人を大切にまごころ込めて育てていきたいと思います

投稿: NONO | 2007年8月26日 (日) 01時18分

一人ひとり真心こめて。。。
本当に、私たちのような個人教室ならでは、、の暖かさをこれからも大事にしていきたいですね。

投稿: yuka | 2007年8月26日 (日) 17時06分

ボート競争、うちの息子は珍しく慎重に棒をクルクル回していました。ボートにシマウマ君が乗っていて転覆したらいけないと思ったのかもしれません(笑)とにかくその姿が面白かったです。
豊かなコミュニケーション。先生のレッスン、英語英語してなくて温かいものが伝わってきます。
楽しい時間、もっともっと作れたらいいなと思ってます(^^)

投稿: keitaro-mama | 2007年8月26日 (日) 23時41分

イエイエ、珍しいことなんかないですよ
Keiちゃんはとても集中力のあるお子さんだと、以前から思っていました。

手先を使うことって脳の発達にもいいみたいですからね。 ご家庭でも2つ作って競争してみてください。  

1個の牛乳パックで2個出来ますよ。

投稿: yuka | 2007年8月27日 (月) 11時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 服部緑地公園 | トップページ | 猫の時間 »