« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月30日 (火)

ランチ

P1012441 オーストラリア人の女性と、ランチを一緒にしました。

日本食がいいと言うので、ちょっと雰囲気のよいお店にご招待しました。

彼女と来週から日本語のレッスンをすることになっています。 彼女のレベルチェックとレッスンプランのためのミーティングです。

日本語を教えるのは数年ぶりです。 ちょっと不安でしたが。いざはじめてみると勘がすぐに戻ってきました。そしていろいろなことを思い出しました。。。。。

東京に住んでいる頃、日本語学校で日本語を教えながら、責任者として、新しい生徒のレベルチェック、システムの説明、営業などいろいろしていました。出張レッスンの生徒は、ゴールド●ンサック●、ソロモ●ブラザー●、メリル●ンチ、A●&T、ヒュー●ットパッ●ードなど、一流外資系企業のバイスプレジデントや大使、そしてその奥様がたでした。企業がとても元気で、社員やその家族のためにお金をいっぱいかけてくれていました。 彼らは広尾や麻布に住み、何百万もする家具に囲まれ暮らしていました。

英会話学校で働いている講師もたくさん通ってきていました。GWや、お盆の時期に集中講座を開講すると、大勢の生徒が集まりました。  

そんな時期がしばらく続いて、、バイ●ンガル始め数校の英会話学校が倒産し、外国人教師たちが右往左往しだしました。

NO●Aのニュースをテレビで見て、、その時学校に通ってきていた英会話講師たちのことがよみがえります。

昨日、それなりの年齢の、奥様もいるような外国人講師がテレビに映っていました。 通帳にはもう1円しかない。国に帰る航空券も買えないと。。。

東京で大勢の英会話講師に接している時、人生に対する考え方や価値観が違うと良く感じました。

「君、いつまで同じ会社で働いているの?」と聞かれたこともあります。 年に何回も海外旅行をして、六本木で遊び、、数年先のことを真剣に考えるより、今を楽しんでいるように見えました。

NO●Aが危ない、、というのは中で働いていれば、きっと感じていたはずです。貯金が1円になる前に、手を打って、ほかの仕事を探す努力をすべきだったのに、、、まるで、「日本の政府よどうにかしろ」という態度には、理不尽なものを感じます。

| | コメント (8)

2007年10月29日 (月)

Halloween party final

Halloween は私の大好きな時期です。 1  

お教室のパーティも無事終わりました。。

幼児から小学1年生まで、4年生まで、6年生まで、、、と年齢別に3つのグループに分けて、行ないました。

2 3 ゲームのルールなど、年齢によって多少変化をつけました。5,6年生は、少し文字を書くゲームを加えました。

低学年は、witchと英語でお話が出来たら腕にスタンプを4押してもらいました。手首からひじまで両腕スタンプだらけ の子どもたちもいっぱいいました! ハロウィーンは生徒たちにとっても大好きな歌が盛りだくさん、ゲームはすべてそれらの歌を歌いながら進めていきました。 

5←haunted houseの中に見えたものをわかった人から小さい声で"There is a ----in the haunted house.と伝えに行きました。

出来るだけ、見学に来られた保護者の方も一緒に参加し ていただけるように内容を考えたのですが、、もっと、もっと一緒に楽しみたかったな7ぁ、、と反省しています。

最後のプチ発表では、、 小学1年生が I my me, you your you, he his him..と暗唱した後でいろんなモンスター (おでぶちゃん、お年寄り、ブチャイク)のチャンツを発表。

2年生~4年生は where?  in front of, behind, next to, beteen...など、場所を表す連語を含んだチャンツの発表。

65,6年生は、イギリスの小学生が副教材で使っている本をみんなの前で読んだり、代名詞の目的格 He likes her..などのチャンツを手作りの絵を使って発表しました。

パーティの後は、中学生の面接レッスンです。

自己紹介の後、それぞれ事前に考えた質問をネイティヴにして、その後、絵を見て内容についての質問に答えました。中学3年生はずいぶん慣れて来て、聞かれたこと以外にも話そうとする努力、聞こうとする努力が見られ、とても成長を感じました。

面接はローレンにすっかりお任せして、私は、耳だけダンボーにして片づけをしていました。

わからないことにもそれなりに対処しながら、何とかネイティヴと会話をするテクニックを身に付けてほしいと思っています。

| | コメント (4)

2007年10月27日 (土)

おやこえいごサークル

100204 さて、10月26日金曜日。

今日はサークルのハロウィーンパーティです。 可愛いコスチュームに身を包んだ可愛い子どもたち、もう、見ているだけでハッピーです。

今日も、前回以上に盛り上げてくださった役員さんたちに 感謝感謝。

100205ママたちは、写真を撮ったり、ビデオを撮ったり、大忙し。 私も、息子が小さい時は今が一番可愛い!って、いつも思っていたなぁ。。。遠い昔、、、

なんだか今日は、こんな風にただ一緒にいるだけで楽しい、、って感じで したが。

100201やはり、レッスン、レッスン。 前回の復習 jack-o'-lantern の歌で happy, sat, madの感情表現。

witchを探しているblack catの歌で、ゲーム。

100205ハロウィーンの私オリジナルの紙芝居。 What do you eat on Halloween?でモンスターになりきってしまいました。

←この私は一応black catですが、かなり怖い、、、よくこんな怖いblack catに、笑顔で近づいてきてくれた、、と子どもたちに感謝。怖いもの見たさで見てみたい方は写真をクリックしてみてください。

100203Tクン Rクンは キャンドルの入ったjack-o'-lanternが、気に入ってくれたようで、こんなに近くで観察。 眉毛が燃えちゃうんじゃないかと、ちょっと心配しました。この後、後ろのAちゃんも一緒に覗き込んでいました。

最後のtrick or treatのお菓子は、役員さんたちが用意してくださいました。

ボリューム満点な上に、可愛くラッピングしてあって、ママも子供たちも大感激でした。

100206 皆さん、楽しい時間をありがとうございました。100202

Happy, happy, happy Halloween!!

| | コメント (8)

2007年10月25日 (木)

Jack-o'-Lantern

5,6年生のクラスで、jack-o'-lantern作りたい?と聞くと。「つくりたーい!」と、即答。

じゃ、、レッスン終了15分前にやるべきことがすべて終わったら、、、というと。みんな、手早く且つ協力してワークシートを書き上げていました。

約束通り、、かぼちゃを部屋に持ってくると、、

ずーっと玄関に飾ってあったのに、目の前で見て、持って、触ってみるとその大きさにみんな感激。

下書きをして、ナイフで削って、種を出して、、、大興奮でした。

 P1000734_2 P1000735_2 手が、ネチョネチョになっても気にせず、種を取り出す生徒、くさーい!くさーい!と窓を開けて換気をする生徒、、、

最後に、キャンドルを入れて、完成。P1000737 楽しかった、、、くさかった、、、といつまでも覚えていてくれるといいな

| | コメント (2)

2007年10月21日 (日)

Halloween party

Halloween1 毎年、私の教室のハロウィーンパーティの1週間前に、友人の教室のハロウィーンパーティのお手伝いをします。

ここでは、おもいきり羽目をはずします、、元々がどんな顔なのかわからないぐらいに、フェイスペイントをしてふざけてしまいます。

Halloween2そして、、、パーティの後のパーティが何よりも楽しみです。 おいしいものを食べて、飲んで、、楽しいおしゃべりで今年も盛り上がりました。

| | コメント (4)

2007年10月14日 (日)

勉強会のお誘い

ちょっと早いですが、、、11月の勉強会のお誘いです。

*******************************************

11月11日 梅田 10:00~16:00

Jazz Chantsの生みの親 キャロリングレアム先生が来日してワークショップを開いてくださいます。

なんと、私も教室での実践例を発表する予定です。 その作品を作った方の目の前で、発表なんて、むちゃくちゃ緊張します。  「エーそんな風に教えちゃったのぉ。」とがっかりされないように、がんばります。

問い合わせ、申し込み先     JAPEC

********************************************

11月18日 弁天町 13:00~16:00

マザーグース、フォークソングなどをもとにゲームなどを通し、入門期の英語教育への発展方法を考えるstudy groupです。この日は東京からスタッフを招いて、時間も1時間延長して行なわれます

問い合わせ  English EdVentures. inc.  

申し込み先 大横栄子 (e-mail : eikoyoko@kcn.ne.jp)

********************************************

11月25日 近鉄上本町 13:30~16:45

キャロリングレアム氏公認Jazz Chants Union主催のとことんジャズチャンツセミナー

ジャズチャンツについて、ゼロから学べます。 

ジャズチャンツを「知っている」レベルから「出来る」レベルになるためのセミナーです。

私はCertificateコースを受講し、現在スタッフとしてお手伝いさせていただいています。

********************************************

食欲の秋、、読書の秋、、、勉学の秋。。。。 

| | コメント (2)

2007年10月13日 (土)

親子サークル

10月は、最初から最後までハロウィーンです。

サークル役員さんたちのすばらしい心のこもった手作りデコレーションで、始まる前から気分が高まる子どもたち!!

私は、今年の新作オレンジウィッグ!!と愛用のオレンジカーディガン!!張り切って身に付けりましたが、、、熱かったア。。。100101

いつもと違うゆか先生に、固まる子どもたち!!ちょっと遅れてきたMちゃんは最後までママにしがみついていましたっけ。。。Kクンは、ママにしがみついていながらも、顔は満面の笑顔でした。 体験レッスンの小さいお友達たち、、さぞかしびっくりしたでしょうね。。

100102 年にたった1回しかないハロウィーンを、めぇいっぱい楽しんでもらいたくて、取って置きハロウィーンソングと、紙芝居を見てもらいました。 skeleton, spider, ghost, witch, などなど、ハロウィーンキャラクターたちに助けてもらいながら、ちょっと、調子に乗りすぎの私でした。

100103 子どもたちはキャーキャー、うれしそうに逃げ回っていました。 その子どもたちの反応がうれしくて、、、さらに、、やりすぎてしまいます、、、これはいつものこと。 

泣き出す子がいなくてよかったです。。。

happy, sad, mad,,と、感情表現を学習しました。

さて、次も、ハロウィーンです!! みんなの仮装、期待しています。

| | コメント (2)

2007年10月 6日 (土)

愛すべき内弁慶たち

6年生のクラス。

P1000523部屋の飾りに特に驚くことも、感激することもなくなっていますが、それでもハロウィーンはみんな大好きみたいです。  パーティなどでは絶対に仮装なんかしてくれませんが、気心知れたクラスの仲間内だと、ちょっと羽目をはずしたくなるようです。

だれからともなく、「仮装がしたい」といいだし、こんな格好でレッスンを受けていました。

P1000525 帽子の上に、カエルや、骸骨を乗せています。

|

2007年10月 2日 (火)

10月

P1000515 P1000521 10月といえば、ハロウィーン。この時期にいつも窓枠で見張っていただくのが、この方jack-o'-lantern scarecrow. 道行く子どもたちはだれのジーパンなのか、だれの靴なのか、そんなことが気になるようです。 もうすでに何年も、これはjack-o'lantern scarecrowのものです。  

jack-o'-lanternの左にある大きなクモは、タイツで作りました。。

P1000518 P1000517 部屋の中も、ハロウィーン一色です。 長年通っている生徒は アーまたこの時期が来たか、、と割りと冷めています。。。

キャーとかワーとか言ってよぉ。。。

| | コメント (4)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »