« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月29日 (木)

最近ハマっているもの

P1010099 生徒さんのお母様に勧められて読み出した、Roald Dahlの本。そうです、あの、「チャーリーとチョコレート工場」の作者です。短編をお借りして読んでいるうちにファンになり、自分でもずいぶん買ってしまいました。

レベルは、、高校1年生の教科書程度の英語レベルです。 ちょっと空いた時間に気軽に読めるのがいい。。

P1010256 内容も軽く、楽しく、ユーモアたっぷり。 

今では、このイラストのファンにもなっちゃいました。  Quentin Blakeという人です。

| | コメント (8)

2007年11月27日 (火)

Grandma's hand

oaoaさんが~mammaの市~を開催されました。

P1010098 私の母も 「Grandma's hand」と言うブランド名をつけて、手作り作品を出品しました。

良く見ると、、、かばんのもち手の位置がずれていたり、、、形がゆがんでいたり、、

ま、それも手作りの良さ「味」と言うことで、、、

P1010253 そんな作品でも、、枯れ木も山の賑わい、、になったかどうか。 可愛い、愛情たっぷりの手作り作品が並んだmammaの市。 いろいろ物色していたら、あっという間に時間が経ってしまいました。 

お邪魔したのは二日目のお昼頃。すでに母の作品の何点かがありませんでした。 どなたかつれて帰ってくださったんですね。可愛がってやってください。

私は手作りスタンプと、羊毛を買いました。 スタンプは早速レッスンで使いました。 羊毛はフェルトを作る予定です。天井の虹のタペストリーにあわせた飾りが出来るといいなぁ、、と思っています。

P1010254ところで、oaoaさんのお宅へ伺うためには 緑地公園を通り抜けなければなりません、、久しぶりに奥のほうまで行ってみたら、、、なんと、、紅葉がとってもきれい。箕面よりきれいかも。しかも、静かで、ゆったり。

| | コメント (4)

2007年11月26日 (月)

Jazz Chants Certificate

P1010251 Jazz Chants Certificate コースを無事修了しました。

ご指導くださった先生方はもちろん、一緒に学んだ仲間がいてくれたからこそと皆さんに感謝しています。

去年のとことんJazz Chantsに参加して、初めての気付きがありました。 「あれっ?」と。

その後回を重ねるごとに、なるほど、、そうか、、、と、発見することがたくさんありました。

また、何よりも一緒に勉強されている方たちの熱意と、知識に刺激を受けました。

これからも、皆さんからたくさんの刺激をいただき、出来れば私も何かの刺激を与え、なるほど、そうかという感動をたくさん積み重ねて生きたいと思います。

| | コメント (4)

2007年11月24日 (土)

桜の庄兵衛

最近、特に気に入っている場所、桜の庄兵衛さん。とにかく、その場所に行くと癒されます。優雅な気持ちになります。今日はその、桜の庄兵衛さんでピアノのコンサートがありました。

中学生の期末試験の前で、何かと忙しかったのですが、、とにかく、気になっているあの場所で、、なまのピアノを聞くと言うのは一体どんな感じなんだろう、、

P1010139_2  言ってみたい、聞いてみたい、、そんな気持ちを抑えることが出来ずに、行って来ました。

正直言って、ピアノの生演奏と言うのは、、昔、バーで、お酒を飲みながら、聞いたぐらいで。。(キャッ恥!!)。ちゃんと聞いたことはありませんでした。

眠ってしまったらどうしよう、、なんて、ちょっと心配していました。 が、しかし、始まったら、時間を忘れて、引き込まれていきました。

素敵な時間を、ありがとうございました。

もっと聞きたい、、そんな気持ちを残したまま、、かえって来ました。

| | コメント (0)

2007年11月23日 (金)

箕面で紅葉狩り

お昼ごはんをたべで、ふっと時間が空いた。。

そうだ、箕面に行こう、紅葉を見に!!

P1010133 P1010137 いつにない、人ごみ、、まるで初詣でのよう。。

なんだか、人が多すぎて、もみじをのんびり見に行ったと言うより、、とにかく、周りに遅れないように、がんがん歩け!!って感じで、、、、あまり景色を見る余裕がなかった、、、

帰りに、、おサルを見ました。それもたくさん!箕面でおサルさんに会うのは久しぶりでした。P1010136

| | コメント (0)

2007年11月22日 (木)

6年生

夏休みに6年生だけを集めて文法の整理をした。 基本的な文法については、理解してもらえたと思う。 その後、単語の宿題を出し、書けるかどうかのチェックを毎週しているが、、、覚えてくる生徒と、なかなか覚えられない生徒の差がどんどん出てきた。。。

そこで、小学生のレッスンが休みの今週、一人ずつ、呼んで、なぜ覚えなければいけないか、どうやって覚えればいいか、、丁寧に話をした。 覚え方については、家でしっかり一人でもできるようになるまで、一緒に10個の単語を覚えた。

少し覚えたところで、一人の生徒が、顔をぱぁっと明るくして、言った。

「へぇ、、コウやれば、俺でも覚えられるやん!!」  

それからしばらくすると、彼はこうも言った。

「あ、手が自然と動くようになった、、」 

彼の中で、何かが開いた瞬間を一緒に経験できて、よかった。

「漢字もこうやったら覚えられるかなぁ」 前向きな生徒だ。

Happy! Happy!

| | コメント (2)

2007年11月21日 (水)

porcupine

P1010088 センスのよい小物を手作りしているほにゃらぱぱ~の、まみっさんから手作りporcupineを頂きました。毛糸とフェルトで作られたそうです。

絵本のporcupineと、会話が出来そうなほど、、いい感じです。

去年、私がこの本を生徒たちに紹介する時に自分で作ったporcupineとは、比べ物にならない、可愛さ!いとおしさ!

去年私が何で作ったか、、興味のある方はこちらへどうぞ。

今年は、これで決まり!!

| | コメント (0)

2007年11月20日 (火)

りんごの木

P1010082 先日ある方からりんごを頂きました。

長野に行って採ってきた、、、と。 最初、河内長野の農家に行かれたのかと思ったら

新幹線に乗って、レンタカー運転して、長野県のりんご畑に行かれたらしい。

毎年、この時期にいらしているとか、、すばらしい家族旅行だ、、すごいなぁ、でも、、なぜ? わざわざ長野県まで?

おばあさまが、お孫さんのためにりんごの木を買ってくださったとか。 毎年、お子さんは「自分の木のりんごを採りに行く」ことを取っても楽しみにしているらしい。

毎年、一度、大きく成長して、りんごをいっぱいつけた自分の木に会いに行く、、

なんて素敵なことでしょう。

「僕のりんごの木」「僕のりんご!!」 さぞかし誇らしいことでしょう。

噛み締めながら頂きました。 蜜がいっぱいでおいしかったです。

そういえば、先週参加した English EdVentures, Inc.の勉強会でも、story telling のテーマがりんごでした。 今年は りんごとの素敵な出会いがいっぱい。

Happy!!  Happy!!

| | コメント (4)

2007年11月19日 (月)

English EdVentures, Inc.勉強会

昨日の日曜日、English EdVentures, Inc.の勉強会に参加してきました。

マザーグース、フォークソングなどの歌をゲームなどを通して、繰り返し歌います。そのことで英語に親しみ、最終的には、文字学習や文法事項の認識につなげていくことを目的にしています。

基本的にはメンバーのアイディアを、みんなでシェアし勉強していくのですが

昨日は東京のスタッフが海外研修で習ってきた歌やアイディアのシェアをしてくださいました。

とにかく、自分たちが生徒になって、楽しむことが出来るのがこの会のいいところでしょうか。 知らない曲をどうしたら、楽しく歌い、覚えることが出来るか。

大人は、知らないことはいいたくない、納得しないことは、口に出したくないと思ってしまいますが、子どもはよく口真似をしてくれます。 その中から何を学ばせたいのか?この曲を教えることの目的は何なのか、

そんなことを考えながら、子どもにかえって時間を忘れて楽しみました。

私自身もほんの少し、11月のレッスンのヒントになれば、、と思い発表させていただきました。

こちらで私の秋のレッスンの一部をご覧いただけます。

来週は!! Jazz Chantsのセミナーです。

Jazz Chants Union主催のとことんジャズチャンツセミナーです。

場所は上本町の国際交流センターです。 一人でも多くの方にお目にかかりたいです。一緒にお勉強しませんか?

| | コメント (0)

2007年11月17日 (土)

桜の庄兵衛

ひょんなことからすばらしいお宅にお邪魔させていただきました。

桜の庄兵衛さんといって、ご自宅でギャラリーもされています。

P1000994このお宅の前の道は良く通っていましたが、ながーい塀があるだけで、中がどうなっているのか想像もつきませんでした。 

門を入ると、玄関まで少し歩き、玄関を入ると、 広い土間があり、太い柱は200年前からそこで、お屋敷を支えているそうです。広いお庭にはいくつも の灯篭が立ち、お屋敷をぐるりと囲んP1000993_2でいます。

日常から、完全に切り離された、異空間に身を置いたような気持ちになりました。 建物の迫力に圧倒されて、ワーとか、アーとかいっていただけだった様な気がします。

P1000990 奥様はとても気さくな方で、明るい声と素敵な笑顔で応対してくださいます。

是非、今度はコンサートに、お邪魔したい。そして、夜のお屋敷も見てみたい。 春や、夏の顔も見てみたい、、

建物を見てこんなに興奮したのは、、久しぶりです。

| | コメント (0)

2007年11月16日 (金)

学習総合発表会

息子の学校の学習総合発表会を見てきました。 

ちょうど、ついたときにやっていた2年生の合唱はすばらしかったです。 大きな声が出ていて、体いっぱいで表現して、楽しい気持ちが伝わってきました。 みんなが心を一つにして、一生懸命に歌っていました。 

5年生のセロ弾きのゴーシュ  3年生の「じごくのそうべい」など、、時間の許す限り見せてもらいました。 「じごくのそうべい」は、大阪弁が、かなり強調されていて、東京出身の私としては、面白かったです。 

息子たちは合奏、 合唱でした。 Tomorrowと言う歌は、”明日がすばらしい夢と素敵なメロディーを運んでくる、、、”と美しい歌声で、歌ってくれて、ウルウルしてしまいました。

運動会も終わり、発表会も終わり、、あとは、卒業式かぁ、、

| | コメント (2)

2007年11月14日 (水)

ゴリラのマスク

地元の校区の文化祭でゴリラのマスクが10円で出ていたので、買ってしまった。

どうするの? 何に使うの? とおもいながら、、

ところがこれ、、一番活用しているのは、夫である。。

私がパソコンを使っているとき、後ろから声をかけられ振り返ると、、夫がマスクをかぶって立っている、、、

息子が塾から帰ってくると、、マスクをかぶった夫が息子のベッドの中に隠れている、、

マスクをかぶって薄暗い階段にうずくまっていたり、、土曜日なんか、生徒が帰るとき、、キッチンからマスクをかぶって出てきた。。。P1000969 この写真は、、息子の部屋の押入れ。 マスクの中に緑色のボールを入れ、押入れの戸にはさんである。

もう、いいから、、はいはい、、と小学生の息子にたしなめられている。。

| | コメント (4)

2007年11月11日 (日)

ワークショップ

Jazz Chantsを考案され、数え切れないほどの作品を世界各国の、英語学習者に提供している、すばらしい女性  キャロリングレアム氏

そのキャロリングレアム先生ジャズチャンツワークショップに参加してきました。

いつものことながら、グレアム先生の笑顔、歌声、ピアノ伴奏、、に魅了され。

本物の英語のリズムに合わせて体を揺らし、声を出し、頭も体も心地よい疲れを感じて帰ってきました。

そしてこれもいつものことですが、帰りの電車の中では、自然に指を鳴らし、足でステップを踏んで、頭の中はチャンツが流れていました。

午後はJass Chants Unionの先生方のプレゼンでした。

生駒チェアーの、迫力ある声。 私について来~い!!って感じで、どこまでもついて行けそうです。 中司インストラクターの体をフルに使ったアイディア。 大江チーフのインテリジェンスあふれるレクチャー。

その時間の最後に、私たちCコース受講者もレッスンアイディアを発表しました。

私は”Monkeys swing"と言う曲を取り上げて、幼稚園児クラスの導入方法を提案しました。 曲をご存じない方はこちらで動画をご覧ください。

実際に春にレッスンでしたことです。 

11 ジャズチャンツはすばらしい教材です。 音もリズムも本物の英語です。 いかにその本物の英語をたくさん生徒たちに聞かせて、耳と口を鍛えるか、いつも考えています。

低年齢の集中力のない生徒たちに、どうやったら、何回もCDを聞いても P1010066 らえるか。どうやってやる気を引き出すか。 どうやって、単純な作業にゲーム性を持たせるか。 そんな観点で短い間ですがお話しました。

その曲を作った先生の前で歌い。その実践方法を発表すると言うのは、緊張することですが、とても光栄なことだと感じています。

このような貴重な機会を与えていただいたことを心から感謝しています。

JCUの先生方、どうもありがとうございました。

Cコースのメンバーたちの絆も深まったような気がします。

さて、ここまで読んでいただいて、もっとジャズチャンツについて知りたい!!と言う方は、11月25日の ジャズチャンツユニオンのとことんジャズチャンツセミナーにご参加ください。

| | コメント (9)

2007年11月10日 (土)

おやこえいごサークル

ハロウィーンの時の写真を何人かの方から頂きました!!ありがとうございます。大事にします。宝物です。

Aクンは、レッスン前に音楽を流すのを忘れている私に、、「音楽を流してほしい、、おうちでも英語のお歌聞いている。 先生が歌ってないお歌も聞いている、、」と一生懸命話してくれました。

おうちで英語の音楽を聞いている時のお子さんの様子。 お人形を相手に英語の歌を歌っているお子さんの様子。ママと英語の歌を歌いながら手をたたいているというお話。ママもとっても楽しんでくださっているというお手紙。。今日もたくさんのHappyを頂きました。

感激です。

レッスン中に、ママたちにお話しましたが、 ここで一番上手なところを見せてくれなくていいんです。みんなの前で出来なくても、お家で、ママやお人形と一緒に出来ていたらそれでいいんです。 

ここではママも、一緒に子どもと楽しんで、じっくり1時間わが子と向き合ってほしいと思っています。前回まで出来なかったことができた時の喜びを、見逃さないで、感動してほしいと思っています。これは、いつも一緒にいる母親の特権です。

一人で出来なかったことができるようになった。お友達との関わり方が変わった、、表現の仕方が変わった。。そんなすばらしい子どもの成長を見逃したらもったいない!!

毎回、毎回私も感動させていただいています。

11011 さて、レッスンの内容は、、、

happy, sad, mad,,, If you're happy and you know it clap your hand. ジャングルバージョン! ぞうさんは幸せな時、どんなことをするのでしょう? おサルは? ゴリラは?

11012 この時期の私の定番。 落ち葉、どんぐり、くり、きのこ、、のレッスン。

葉っぱをみんなで降らせたり、どんぐりやきのこのスプーンリレーをしました。 ママたちのほうが夢中で、楽しそうでした。。

その後のクラフト。 葉っぱやどんぐりでライオンを作りま11013した。11014 このク11015 ラフトはふと思いついたものですが、今年の私のお気に入りで、教室でも幼稚園クラスで行ないました。

大勢でこんな風に持ってくれると、可愛いし、色もきれいで、素敵な芸術品ですね。

| | コメント (2)

秋のレッスン

11016 この時期必ずするレッスンです。

枯れ葉、どんぐり、くり、きのこ、松ぼっくり、柿、梨、、、など、秋のものの単語を入れながら、葉っぱを降らせたり、ゲームをしたりクラフトをしたり、、

11017 そのレッスンに欠かせないのがこれらの道具。 紙粘土で作りました。  葉っぱはプラスティックのものです。

今年のクラフトは 葉っぱでたてがみ、どんぐりで目、栗で鼻、きのこでミミを作ったライオンです。11018 11019 結構気に入っていて、サークルでも、教室でも、みんなで作りました。

| | コメント (2)

2007年11月 7日 (水)

子ども英語12月号

子ども英語 2007年12月号アルク出版の「子ども英語」12月号に、私の教室の去年のクリスマスパーティの様子が、写真付きで掲載されました。

写真は小さいですが、、みんな自分の顔を見つけて喜んでいます。

今年は、 3月にはイースターパーティのレッスンアイディア、10月にはハロウィーンのレッスンアイディアを提供させていただきました。

どなたかの、お役に立っていればいいのですが。。。。

自分の生徒のためにたてているレッスンプラン、パーティプランですが、そんな風に人様の目に触れるとなると、改めてプランを見直すいいきっかけになります。

益々、精進精進!!

| | コメント (0)

2007年11月 6日 (火)

日本人の誇り

オーストラリア人の女性と日本語のレッスンを始めました。

(実は私、英語教師をする前、日本語教師でした。。。文部科学省認定の日本語教育能力検定も持っています。。)

最初のレッスンで、彼女いわく「日本の日本語を習いたい、外来語は話したくない、、」と。

でもね、、スーパーマーケットはすでに日本語だし、、わざわざ大型商店とかに言い換えなくても、、と話しました。 しかし、、彼女はかなりこだわっています。 「日本人はもっと日本語や、日本の文化に誇りを持つべきだ、なぜ、簡単に海外のものに飛びつくのか、古い歴史を大事にしてほしい」

うー耳が痛い。。。

彼女は言います。「私が米国に住んでいたとき、、、」  「贈り物をもらいます」  「授業計画を立てます」と、

次のレッスンで、、いや、、授業で「私は豪州出身です」と教えたほうがいいかしら、、、

でも、日本人の誇りについて教えてもらいました。 もっと、自信を持とう!!日本人よ!

言葉を大事に、文化を大事に。

| | コメント (2)

2007年11月 5日 (月)

雄琴温泉

夏ごろ、父にリクエストされていた。 雄琴温泉に連れて行ってほしいと。

何やらテレビの旅番組で見たらしい。 父は、かろうじて自分の力で歩けるものの、、かなり頼りない、、片目は見えない。 水分は一日700cc、塩分の制限も厳しく、お醤油は使えない。嚥下がうまく行かず器官に入りやすいので食べ物は口に入れる前に小さく刻んだ上にとろみを掛ける。。 これだけ聞くと相当大変そうだが、、まぁ、、何とかのんきに日々暮らしている、デイサービスに週に4日行って、カラオケや会話を楽しんでいる。

雄琴温泉なんか行けるのか、、と思って数ヶ月が経ってしまったが、、11月1日は息子の学校の創立記念日、私も小学生のクラスが休みで、7時以降の中学生クラスのみ。

よーし!!嫌がる息子を食べ物で釣って、行って来ました。雄琴温泉。

東京出身の私は、雄琴温泉がどんな温泉かも知らず、とりあえずネットで調べて湯元館へ。 食事は奮発して、近江牛会席。 近江牛のお寿司、しゃぶしゃぶ、ステーキ、、、おいしかったぁ、、息子も大満足。

Photo さて、ここで勘のいい方はお気づきでしょうか? 父は普通の料理は食べられないのです。。。私たちがおいしいお肉をほおばっている横で、、父はおかゆをすすっていました。かわいそう、、 ←写真も父の前にだけお料理がおかれていません、、

でも、ご安心を!ナイフとはさみを持参して、私たちの料理を小さくきったり、刻んだりして、もちろん父にも分けてあげました。 塩分については、朝と晩に調整するということで、、、

Photo_2 お風呂は、、、息子が一人で父を入れるのはまだ不安なので、 貸し切り露天風呂を予約しました。 手すりが付いていたので、父にも楽に入れました。

父のお風呂が終わってから、母と私は広い露天風呂へ、、、湯元館はどこも清潔で気持ちのよい旅館でした。

景色がいまひとつだったのがちょっと残念。。

はぁ、、極楽極楽。。。。

| | コメント (2)

2007年11月 3日 (土)

万博公園

我が家から万博公園はかなり近いです。 今日はコスモスフェスタ開催中ということで、お昼ご飯を持っていきました。

陽射しがあったかくて、気持ちがよかったです。

箕面市青少年吹奏楽団の方たちが青空の下、演奏してくださっていました。 お天気がよくて、お花の香りがして、耳には心地よい生演奏。。すごい贅沢な時間を過ごすことが出来ました。P1010089 今日もhappy, happy,  v(^0^)v

| | コメント (4)

2007年11月 2日 (金)

スカイプ

今週は小学生クラスが休みなので、3時ごろパソコンをつけていた。すると、スコットランドの友人からスカイプで電話がかかり、お互いの顔を見ながら、無料で1時間近く電話で話した。

こんなことが出来る日が来るなんて、、、一昔前では夢のよう。

以前、総合商社で働いていた頃、 海外のオフィスとのやり取りはすべてテレックスだった。 各フロアにある2つのテレックスルームでは常時7,8人のオペレーターがOCR用紙にタイプを打っていた。 

コンピュータールームはワンフロア全部を使っていた。 馬鹿でかいコンピュータの管理のためSEが24時間体制で派遣されていた。

私は、課に1台のワープロ,数台の電子英文タイプライターを順番に使ったり、ファックスを送ったりしていた。

きっと今では一人に一台ノートパソコンがあって、手元からメールを送ったりしているのだろう。 

今、あのコンピュータールームはどうなっているんだろう?

テレックスルームは?

派遣されていたオペレーターの方たちは今、どんなお仕事をされているんだろう?

浦島太郎のようだ。。

| | コメント (4)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »