« おやこえいごサークル | トップページ | Skidamarink-2 »

2008年2月17日 (日)

Jazz Chants Certificate取得コース

去年取得した Jazz Chants Certificate

そのセミナーに参加してきました。 今回は受講生による発表。 それぞれがレッスンプランや、発音の練習、英語のリズムなどについて実践したり、調べたりしたことを発表しました。

私は、 日本語教師になるために勉強した音声学から見た、英語と日本語の違いについて発表しました。

以前、私は日本語を教えていました。そのときのことは以前も書きましたが、、

その時感じたちょっと面白話。。。

(昨日は時間がなくてお話できませんでしたが、、、)

日本人はひらがな一つを音の一単位として認識していますが、英語は母音の前後に子音がついて一つの音の単位ととらえています。

なので、、 cat,  jump, cheese は、彼らにとっては 日本語のひらがな一つ「あ」と同じようにたった一つのかたまりでしかありません。

ということで、、キャット→トッキャのような逆さ言葉は出来ませんし、、 地図とチーズの言い分けや聞きわけがすごく難しいです。

アメリカ人で日本語検定1級のある生徒が、「今度BBQするからチーズを送ります」というので「?」と思っていたら、ファックスで地図が届きました。

「あなたの家をとったとき。。」とメモをもらったのでびっくりすると「あなたの家を通ったとき。。」でした。

2重母音は彼らにとっては1つのシラブル(かたまり)ですが、私たちにとっては2つのかたまり(2拍)ですから、、

「外」と、「相当」の言い分けは彼らにとってはかなりの難関。

そういえば、ドアを開けていきなり「銅像!」って言われてびっくりしたこともありました。。「どうぞ」だったんですが、、

 

|

« おやこえいごサークル | トップページ | Skidamarink-2 »

コメント

先日のプレゼン楽しく拝見し、勉強させていただきました。
先生が先日発表された内容をあてはめてもわかるように、ジャズチャンツは本当にEFL/ESLの学習者にとって学ぶべきことに焦点が当てられていますよね♪
またまた感激してしまいました。
ジャズチャンツのことをどんな風に語っても、生の英語がそのままテキストになっているから、答えがない…だからこれの勉強にも終わりがないんですね!

投稿: nono | 2008年2月22日 (金) 22時48分

本当に、、勉強には終わりがないですね。

まだまだ、、です。。。

投稿: yuka | 2008年3月 8日 (土) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おやこえいごサークル | トップページ | Skidamarink-2 »