« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月27日 (金)

おやこえいごサークル

豊中市教育委員会 生涯学習のおやこえいご講座から始まったおやこえいごサークル

第2期 最後のレッスン

去年の4月始まったとき、まだ、小さかったみんながずいぶんしっかりしてきました。

何がなにやらわからず楽しそうに走り回っていたみんなが、踊ったり、歌ったり、クラフトしたり、、

2週間前のわが子と違う、、そんな子どもの成長に触れることが出来たでしょうか? 日々の忙しさの中で、見逃してしまいそうな小さな変化に気づくことが出来たでしょうか? そんな気づきがあったら本当に幸せです。

いつも言っている事は、サークルで大事なことは英語を学ぶことではなく、英語で楽しむこと。英語を道具に使い親子で楽しい時間を過ごすこと。  そんな時間を過ごしていただけたでしょうか。

最後のレッスンは イースターにちなみ卵のゲームや風船を使って楽しく過ごしました。

P1030804 P1030806 みんな元気でね。

...:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':.....:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':...

HPはこちらです。   豊中市 長興寺北 サンシャインキッズクラブ

幼児 から 大人まで 体験レッスン受付中!

...:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':...

| | コメント (2)

2009年3月24日 (火)

合格の連絡

生徒から、公立高校合格の連絡をもらいました。

優秀な進学校です。自分の考えで、信念で決めた学校ですから、必ず合格してほしいと思っていました。

晴れ晴れとした声で「合格したでぇ」と電話をもらいました。

3年間の英語の成績は96点が最低点でした。

常に自分に厳しく、 ここをもっと勉強したい、ここが不安だから復習したい。。自分から勉強の内容をリクエストしてくるような生徒でした。

高校に合格して、少しのんびりするのかと思いきや、、どうやって勉強していこうか、、もう次の目標に向かって計画を立てています。

どうか、彼のその努力が実を結びますように。

どうか、少し冒険したり、挑戦したり、失敗したり、そんなことにもめげない強い心が育ちますように。

いつかまた、同じような晴れ晴れとした声で「合格したでぇ」と電話がかかってきますように

Cocolog_oekaki_2009_04_02_23_38

| | コメント (0)

2009年3月13日 (金)

おやこえいごサークル

豊中市教育委員会 生涯学習のおやこえいご講座から始まったおやこえいごサークル

第2期 3月のレッスン 1回目

P1030777 教室同様、はらぺこあおむしのレッスンをしました。

モールで作ったあおむしを絵本の中に通したり、、、

靴下のあおむしに折り紙で作った果物を食べさせたり。。。(Kちゃんが靴P1030781 下の青虫君を怖がる様子が可愛かったです)

その後、緑の●4つと赤い●1つであおむしを作り、、小さい▲2つと大きい▲2つで蝶々を作りました。

P1030790

...:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':.....:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':...

HPはこちらです。   豊中市 長興寺北 サンシャインキッズクラブ

幼児 から 大人まで 体験レッスン受付中!

...:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':....:''"☆'"':.......:''"☆'"':....:''"☆'"':...

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

The hungry caterpillar

少し暖かくなった頃、この本を読みたくなります。

P1030767 靴下のあおむし君、、2歳のRちゃん、Yちゃんはコワーイ  wobbly

と、逃げ出しました。

1週目は 靴下と果物を使って、腹ペコあおむし君にいっぱいご飯を食べP1030772 させて、、、

2週目は蝶々になりました。

来週は蝶々のために御花を作りましょうか?

Cocolog_oekaki_2009_03_10_13_10

| | コメント (0)

2009年3月 2日 (月)

勉強会のお誘い

わたくしが欠かさず参加している勉強会は2つありますが。そのうちの一つEnglish EdVentures, Inc.では3月22日にカナダから講師を招いて大きな勉強会を行ないます。

講師はEducation Through Musicの創設者の一人Dr. Fleurette Sweeney

しかも昼食付きで5000円!! (イヤ、値段で決めるわけではないのですが、、値段も大事、、このグループは営利団体でないので毎回の勉強会などで少しずつたまったお金をこのような形で会員の方に還元します。会員以外の方は相当お得です)

英語の歌を歌いながらゲームなどを行なうことで英語ももちろんですが、生徒一人ひとりの心を養うことを目的としています。

他人を認め、自分を認め 自身を持つことで、他人にも優しくなれる。

自分の心で想像して、歌の世界を広げていく。

なかなか4,50分のレッスンでそこまでじっくり生徒と向き合えないのですが目指すところは豊かな心の生徒を育てることでしょうか。。

| | コメント (0)

2009年3月 1日 (日)

Jazz Chants トレーニング

おととし、Jazz Chants Certificateを取得しました。その後Jazz Chants Unionでお手伝いをさせていただいています。
1月のとことん・ジャズチャンツセミナーでは30分のプレゼンテーションをしました。 Holiday Jazz Chantsというテキストを使って、異年齢の生徒たちへのレッスンプランのヒントをお話しました。
そして先日(2月22日)のトレーニングでは、Warm-upとして自分にとっても難しかったチャンツを皆さんと練習しました。
そのトレーニングとは、、、
サティフィケート取得を目指す受講生や修了生が集まりトレーニングやレクチャーを受けます。
レクチャーは何度聞いても、あぁ、、そうか。。なるほど、、と新しく学ぶことや
あぁぁぁ、、そうだった。。と思い出すことがたくさん。

そして、チャンティングの練習。どこが難しいのか、なにに気をつければ良いのか、どうすれば言葉が活きるのか、、指導してもらいます。

そして、このサティフィケートコースの特徴は 自分自身の指導案を3分間または7分にまとめてデモンストレーションすること。そしてチャンティングのテスト。

もちろん、これが一番緊張するし、難しいところですが。 これが一番勉強になります。

3分で、何を一番伝えたいかまとめる作業。 たった1曲で自分のチャンティング能力を見せる訓練。
自宅でとにかく練習しました。

英語を学ぶ生徒もそうだと思います。
レッスンを受けておしまい。じゃなくて家で復習、宿題をきっちり自分の頭を使ってやった生徒は伸びます。

学ぶ喜びそんなものを感じたトレーニングでした。
次回のとことん・ジャズチャンツセミナーは4月26日です。
「小学校でも対応 ジャズチャンツ」というテーマでわたくしもプレゼンをする予定です。
3,40人のクラスだってジャズチャンツを使えるよ!というところを見てもらいたいと思っています。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »