« Old Grumbler | トップページ | Crab dolphin jellyfish song »

2009年7月28日 (火)

学ぶ姿勢

数日前、6年生のレッスンの途中で生徒全員を家に帰しました。

「騒いでいたから」 帰した。 のではありません。

「学ぶ姿勢がなかったから」 帰しました。

レッスンは楽しく進めるようにいろいろ工夫しています、ゲームで騒ぐのも十分計算内です。 ただ、そのゲームも英語の勉強とわかってしている場合と、ただ遊ぶつもりでやっている場合では50分のレッスンを終えて学んだことの量が相当違います。

英語の勉強と自覚していれば、ゲームの間ずっと英語のフレーズ、または歌を歌っています。それを続けていると、気が付くとその英文が身について単語を入れ替えて話せるようになります。 

中学生になって 新しい文法を教えた時、あ、これ小学生のときに習った。。と、覚えている生徒は難しい文法が難しいものではなくなります。

宿題も、とりあえずやっている生徒と、CDを聞いて「次のレッスンまでに知らない単語を覚えるぞ!」(生徒たちには覚えてくるように伝えています)という気合で聞いてきている生徒ではもちろん大きく差ができます。

そして、もっとも大切なことですが、中学生で98点をとっても通知表で4だった生徒が何人もいます。 それは授業態度です。中学の先生は授業中に注意はしてくれません、ただ、評価でCをつけます。そして98点の生徒に4をつけます。逆に89点だった生徒が5になることもよくあります。今、自分が何をすべきか、それをわかる生徒になってほしいと思います。

|

« Old Grumbler | トップページ | Crab dolphin jellyfish song »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Old Grumbler | トップページ | Crab dolphin jellyfish song »